歯科での治療【エナメル輝く白い歯を誇ろう】


Dentist

定期的に通う

虫歯は神経まで達するとかなりの痛みを引き起こします。痛みの症状が出てしまっ他状態では治療にも時間がかかってしまうのでしっかりと定期的に歯科に通って健康な歯を保ちましょう。

もっと知ろう

矯正治療の方法

様々な矯正の方法が矯正歯科にはあります。このページでは、多くの方が治療を受けている矯正方法や近年開発された目立たない矯正方法などを簡単にですが紹介していきます。

もっと知ろう

矯正歯科に行こう

日本では基本的にあまり歯並びを気にするような事はありませんでしたが、欧米諸国の影響で歯並びを気にするようになりました。現在では歯並びはある程度樹言うようだと考えられていて、積極的に矯正歯科を訪れる事が求められています。

もっと知ろう

歯科を利用しよう

メンテナンスの必要性

むし歯になったり歯周病になったりして、歯科で治療を受けられた方はたくさんいるでしょう。そうした方々は、何か問題がないかどうか、あったとすればさらに悪化しないように、すぐに対応していかなくてはなりません。ですから歯科治療が終了した後も、定期的に口の中の状態をチェックする必要があります。こうした理由から、定期的な検診や歯のクリーニングを行うことを「メンテナンス」といいます。歯科治療を行って詰め物や被せ物、入れ歯やインプラントなどが入っていたり、歯周病で専門的な治療を受けた人は、定期的なメンテナンスを続ける必要があります。現代の歯科治療においては、どんなに良い治療を行っても、むし歯になる前の状態に戻ることはできません。

歯科用接着剤の耐久年数

そして人工物を詰めたり被せたりしている以上は、治療した部分が完全に自分の歯と一体化するということも起こりません。自分の歯と人工物の継ぎ目の部分はどうしても弱いですから、定期的にチックすることが必要です。最近では材料も進化し、接着技術が向上していますが、経年による劣化は免れることはできません。この現実をみるにつけ、むし歯を作らないことがいかに重要であるかを実感します。今、使用している歯科用接着剤の耐久年数は、およそ10年といわれています。10年経ったら必ず作り直しというわけにはいきませんが、詰め物や被せ物がどんなものであっても、人工物である限り劣化していきますから、定期的にチッックし、メンテナンスをするように心がけましょう。

綺麗な白い歯を

最近では、自分でホワイトニングを行なうホームホワイトニングが大変人気となっています。しかし、ホームホワイトニングを行なう際には歯科に行きしっかりと歯科医にホワイトニングを行ないたいという旨を伝えましょう。

もっと知ろう